こんにちは、風 薫 です。

先日読んだネット上の記事の中に「フンイキイケメン」ということばを見つけました。

ん?「フンイキイケメン」??

いわゆる顔のいい「イケメン」とは一線を画す、雰囲気のいい「イケメン」のこと?と考えながら読み進めました。

結論から言えば、わたしが感じた通り、顔がイケメンというわけではないのに、なぜかモテるダンセイのこと、だそうです。

これは確かに、あるあるだなと、周囲にいる知人たちを思い起こしながら納得しました。

では、具体的にどんなダンセイが、「フンイキイケメン」なのか、考えてみましょう。

「フンイキ」を醸し出すものはなに?

個人的な意見としては、正統派顔「イケメン」と「フンイキイケメン」、どちらに人気があるのかといえば、半々なのではないかという印象です。

年齢が比較的若いと、正統派顔「イケメン」支持ですが、年齢が上がってくるに従って「フンイキイケメン」支持が増えるように思います。

これも、ある種の人柄(内面)重視のひとつの現れだと想像しています。

わたしの考える「フンイキイケメン」とは?

  • 見た目のバランスのよさ

これは、ビジュアル(外面)的な要素が多いように思われますが、その実、内面が外に現れているのだと思うのです。

例えば、

・スタイルのよさ

→こればっかりは、ほとんどが持って生まれたものー手足が長い等―ですが、食事に気を配って均整の取れた身体でいることは、本人の努力の部分でしょう。

・自分の身体に合った服を着る

→今流行りのビッグシルエットなどは例外ですが、基本的には、自分の身体に合ったサイズの服を着た方が印象はUPします。

ここでお断りしたいのは、流行りの服を着ることではなく、「サイズ感」の問題です。

・姿勢が良い

→これこそ、内面の状態が外面に現れる部分だと思われます。ひとは、不思議と自分に自信があれば胸を張り姿勢が良くなりますが、自信がないと(失うと)うつむきがちになるのです。

知っておいていただきたいのは、自信は他者に与えれるものではなく、自分で自分を褒め誇りに思うことで身につけていかれるのです

  • 声のトーンが低め

これも、どちらかといえば、持って生まれたものに当たるかもしれませんが、わたしがこれまで出会って来た方たちを考えると、落ち着いてゆっくりとわかりやすくお話しされる方ならば、声が低い「フンイキ」と同じ効果を発揮するような印象を受けます。

落ち着いてゆっくりとわかりやすく話すことならば、誰にでも可能なことですので、参考になさってください。

  • たくさんの引き出しを持っている

多才な方ともいえるし、マルチな才能をお持ちの方ともいえます。

・多趣味である

→興味の対象がたくさんある=好奇心が旺盛。少年のように、目をキラキラさせて、自分の好きなこを話すひとは、魅力的に見えます。

当然、話のネタも増えるので、話をしていて楽しいひとが多いです。また、常に楽しいことを探すアンテナが作動しているので、日々楽しく過ごすことができています。こうした明るいオーラを放つひとは、周囲も明るくしていきます。

  • 不快なところがひとつもない

これは、当たり前かもしれませんが、実は、それなりに、日々気を遣わなければならないところです。

・清潔感がある

→「清潔感」…とても幅広いことばですが、ざっくり分ければ二つです。

◇服装系

先ほども書きましたが、決して流行のものを身につけなくても、言い換えるなら、新しくなくても、綺麗にクリーニングされていて、プレスもされていれば合格です。

クリーニング・プレス・靴磨き です。

◇身体系

これは、鉄板で常に気を配らなければいけないところです。

フンイキの80%は、ここで左右されると言っても過言ではありません。

  • 口臭
  • 体臭
  • 整髪

・・・説明は不要だと思います。

たとえ顔イケメンでも、上記3つのNGポイントに引っかかれば、ボツ。逆にいえば、上記3NGをクリアすれば、80%「フンイキイケメン」に近づくといえます。

まとめ

上記、挙げてきましたように、持って生まれたものでなくても、ある程度の気配りと努力で、「フンイキイケメン」にはなれるのです。

特に、清潔感―服装系・身体系―に気を配ることだけで、80%「フンイキイケメン」になることができます。

内面の充実とともに、清潔感を保つことで、ステキなダンセイになること間違いなしです☆