こんにちは、風 薫です

 今年(2020年)は、6月21日が夏至となります

 ほとんどの方が、夏至ということばと、1年で1番日が長いという基本的なことは、ご存知かと思います

 そこで、この夏至を占い師的に解釈してみましょう

夏至の基本情報

 夏至がなぜ1年で1番日(昼間の時間)が長いのか、それは、地球に対して太陽の角度が90度となり、太陽の位置が最も北に位置するため、北半球では太陽が最も高くなります
そのため、昼間が1番長くなるのです

 1年で1番日照時間が長いことと、最も高度が高いこと、それは、言い換えれば”最もエネルギーを持った太陽”だと言えるでしょう

 そもそも、太陽は”火”の象徴ですし、季節としても”火”の時期となり、陰から陽にエネルギーが切り替わる時なのです

夏至を迎えてするべきこと

 そもそも、”火”というのは、外に向けて発せられるエネルギーの象徴とさてているので、

 キーワードとしては、

 ・積極的
 ・行動的
 ・外向き
 ・発散、放射

 このように、アクティブなことばが並びます

 陰から陽への転嫁ということは、内的なものを外的なものに変更していく、内的エネルギーを外に向けて発散させていくことです

 例えば、
 こころの中で考えたり思っていたことを、行動に移す仕事関係であるなら、温めてきたアイディアを実行に移すとか、恋愛関係なら、告白するのもひとつの形です

 あるいは、もっと単純に「静」から「動」への移行ということで運動して、体力の向上に努めたりフィットネス=ダイエットに取り組むという道もあります

 こうした内的エネルギーを開放するに向いている夏至
強い太陽エネルギーが、すべてを支えてくれる、天が応援してくれる時期だから、真面目に取り組めば成功すると、わたしの師匠は言いました

 また、個人的には浄化の時期だとも思っています

 特に、妬みや恨み、怒りなどの少し汚れたこころの浄化に向いていると、わたしは思いますし、究極の浄化法は護摩供や護摩行などです

 密教では、自身のこころの中にある煩悩や業に火をつけ、焼き払うという考え方をするので、浄化に火を使いますね

 火のエネルギーを味方にして、ご自身の開放を図ってみてくださいね★

 こころの浄化の方法は、たくさんあります

 わたしは、特に瞑想と呼吸法に効果があると思います
日々の生活に、適切な瞑想と呼吸法を取り入れていくことで
ストレスフリーな毎日、
体調、体力の強化、
思考の明確化、
集中力の持続、
睡眠の改善等… ありとあらゆるスーパーパワーが得られます

 わたし個人の成果をお話するなら、胆のう炎が消えました
胆のうに石になる前の砂がたくさん溜まっていて、時々それが動き炎症を起こしていました

今度大きな炎症が起きたら、胆のう切除手術だと言われていましたが3か月ほど前に受けた定期健診で、その砂が消えているのを確認しました

先生もびっくりでした
アーユルヴェーダ式呼吸法、本気でおそるべしでした

ご興味のある方は、風 薫の「瞑想呼吸法講座」に、ぜひ!