東京での夏越祭の状況

 こんにちは、風 薫です

 先日、お知らせしましたように、2020年(今年)首都圏で開かれる 大祓・夏越祭 について調べてみました

 今年は、新型コロナウィルスの影響により、都内の神社はほとんどが開催されないようです

 ただ、これは神事ですので一般には公開しないものの、神職と関係者では、例年のように行われるとのことでした

 例年なら、大祓・夏越祭(おおはらい・なごしのまつり)が開かれる、都内の有名な神社は

 ・東京大神宮
 ・神田明神
 ・小網神社
 ・亀戸天神社

と、いったところでしょうか

神奈川での夏越祭の状況 

このように、東京はかなり自粛ムードなのですが、隣県:神奈川に目を向けてみると、そこそこ実施されるようです

 ・武州柿生琴平神社(川崎市)
  6月25日~7月12日ごろまで、茅の輪が設置される

 ・本村神明社(横浜市・旭区)
  6月28日(日)10:00~16:00夏越祭開催
  茅の輪くぐり、形代(かたしろ)祓(雨天決行)

 ・八幡神社(横浜市・旭区)
  6月28日(日)11:00~15:00お参り可
  茅の輪くぐり、人形(ひとがた)祓、人形供養祭
  マスク着用とソーシャルディスタンス厳守のこと

 ・寒川神社(寒川町)
  6月30日(火)10:00~16:30
  茅の輪神事のみ、一般参加可

 ・三之宮比々多神社(伊勢原市)
  7月25日(土)14:00に延期して開催

中には、ひと月延期しての開催もあり、工夫が見られます

 開催される神奈川ですが、参加される方は当たり前ですが、マスク着用と、ソーシャルディスタンスをお忘れなく!

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)のお作法

多くの神社で行われる「茅の輪くぐり」ですが、この輪も、ただ通り抜ければいいというものではありません

 あの輪は、一種の結界であり、くぐることで浄化をすることになります
 茅でなわれた綱は、しめなわに代表され、神聖なものとされています

 ここでご紹介する、茅の輪くぐりの方法は、一般的なものであり、基本はその神社のやり方に準じます

 1、身を清める
   これは、茅の輪くぐりに限ったことではなく、参拝のルールですね
   ただ、今は、コロナの影響でどうなっているのでしょうか?

 2、初めは、左足から左回りに輪を左足でまたぎ、左側を回って正面に戻り、一礼します

 3、次は、右足から右回りに
   次は、輪を右足でまたぎ、右側を回って正面に戻り、一礼です

 4、もう一度、左足から左回りに
   最後にもう一度、左足でまたぎ、左側を回って正面に戻り一礼し、そのまま真っすぐくぐり抜け本殿に行ってお参りをします

 5、この茅の輪をくぐりながら、ことばを唱えます
   これも、一般的なものですべてに当てはまるものでは、ありません

  「はらえたまい きよめたまえ まもりたまい さきわえたまえ」

 これで、完璧です
 ご興味のある方は、足を運んでみてくださいね

 ちなみに、画像は、人形(ひとがた)祓です★