年の瀬の風物詩、酉の市

11月から、酉の日に市が立ちます

十二支が「酉」の日なので、12日に一回巡ってくる計算です。


年によっては、ひと月に三回巡ってくる年(今年)もあり、そういう年は火事が多くなると言われていたりします。

そのため、三回酉の日(三の酉)がある年は、例年に増して「火の用心~~」と回る回数も増えるとのこと。

そして、酉の市でおなじみの「縁起熊手」には、火の用心シールが貼られるそうです。

熊手について

元々の起源は江戸時代にあるそうで、
鷲(オオトリ)神社の周辺の農民が、鍬や熊手の農機具を販売していたところ、おまけに縁起物のおかめを付けていたので、「福をかき集める熊手」となり、
広まったとのこと。

現在では、福をかき集めることから、商売繁盛や開運の縁起物となっています。

縁起熊手(装飾熊手)のほかには、

「頭の芋」(とうのいも)→八つ頭のこと。「頭(かしら)」になって出世する、子芋を数多くつけることから、子宝の恵まれると縁起とされています。

また、粟で作られている「黄金餅」。その名の通り、金持ちになれるとされています。

最近のトレンド(らしい)「切り山椒」。本格的に寒くなる12月頃に、これを食べれば風邪を引かなくなると信じられているそうです。

「酉の市」が開かれる有名神社

まずは、本家本元 東京:浅草の鷲(オオトリ)神社

横浜で一番有名なのは、南区 金刀比羅(コトヒラ)大鷲(オオトリ)神社

ちなみに、11月の酉の日は、1日・13日・25日です。

開運、福をかき集めたくなった方に、縁起熊手のお作法を…

よく、昨年より今年は大きなものを求めなくてはいけない…

毎年、買い替えなくてはご利益がない…

などという話が、まことしやかに流れていますが、そんなことはないようです。

もちろん、一年の熊手さんの働きに感謝して、奉納するのなら問題ありせんが、期限が一年的な縛りはありません。

気に入ったものを手に入れ、ずっとお使いいただけます。
ただし、神さま系は、清潔なところにしかおられないので、ほこりや汚れは厳禁です。

また、もし買い替えることにした場合、以前のものは以前購入した場所(神社)に持参し、「納め所」へ返納することをお勧めします。

友人は、いただきものの縁起熊手で、どちらでの購入かわからなかたので、新年委お札を「御焚き上げ」しているところへ持参し、焼いてもらったそうです。

私の風水の先生は、1月15日に行われる「どんと焼き」で、松飾りと一緒に焼いていただいたと申しておりました。

お世話になった、熊手さんには最後まで礼を尽くしましょうね。