こんばんは、風 薫です

今日は、場の浄化のしかた≪結界を引く≫方法をお伝えしたいと思います

わたしも、仕事場には結界を張りますし、何か集中を高めたい時や、頭をクリアにしたい時、

特別な「空間」を必要とする時には、結界を引くようにしています

元々は、魔除けの意味が強かったのですが、上記わたしが挙げた例も、ある意味、よけいな“(邪)魔”が入らないようにするものですね

結界を引く前に、準備するもの

結界を引くためには、必要なものがあります

  1. 浄め砂
    これは、お寺や神社の境内で採取されたお砂のことです
    境内の霊気が高いと言われる場所から採取したものとなります
  2. 塗香(ずこう)
    仏像や修行者のからだに塗ることで、穢れを祓うとされている香のこと
    数種の香木を混ぜて粉末にしたものが、結界を引くためには適しています
  3. 浄め水
    こちらも、神社やお寺で採取されたお水のことです
    境内内に自然に湧き出ているものと、浄化祈念されることで浄め水になるものがあります

上記①から③のアイテムのうちの、ひとつをご用意ください

ちなみに、最近ではどれもamazonにて、入手可能!!です

一枚目の画像は、私が使っている
 ・京都 清明神社のお砂
 ・塗香   です

結界を引く方法

必要なお品が揃いましたら、具体的に結界を引く方法をお伝えいたします

  1. 上記画像の 印 を両手で結ぶ(両手の甲側を合わせ、指を交差させる)
  2. 「バサラ ダルマ キリク」と、真言を唱える
  3. 用意しておいた、浄め砂、浄め水、塗香のいづれかを、場の四隅に撒く

これだけです

このおまじないのいいところは、自宅だけでなく必要な場所どこにでも、施術できることですね

まとめ

わたしたちが毎日過ごす環境の中には、多くの“(邪)魔”に満ちています

結界を引くことで、浄化され、静謐な空間が生まれますので、作業効率も上がるのです

できることなら、常に3種のアイテムのうちどれかを常備して、いつでも結界を引けるよう備えておけるといいですね★★★