こんにちは、風 薫です

 わたしは、〇〇ランキングのような記事が
大好きです
 
 例えば、
 ”死ぬまでに絶対訪れたい世界の絶景ランキング”
 とか、
 ”外国人が驚く日本のヘンなところランキング”
 のように、へえええと思うのが好きです

 そんなわたしが最近見て考えさせられたランキングが
ありました

 題して”世界幸福度ランキング”(2020年度版)

 日本は、62位でした

 1位:フィンランド
 2位:デンマーク
 3位:スイス
 4位:アイスランド
 5位:ノルウェー   が上位5か国です

 確かに、社会保障が鉄板の北欧の国が入っているのは
さもありなんですが、技術力もあり、医療水準も高く、
失業率も低い日本が、これほどまでに順位が低い理由は
何でしょう?

 外国の方が日本を褒める時によく言われるのが、清潔、
秩序、勤勉、安心などです

 これらは、わたしたち日本人が外国を訪れても、同じく
日本のよさとして再確認できる部分ででもありますが、
違う角度から考えてみると、新たな側面が見えてくるのです

 秩序と安心を保つために、波風を立てることを避けたり、
新しいことにチャレンジすることなく前例を大切に考える、
さらには、
 勤勉であるためには、休みを取らない・取れない、この
調査でも、日本は有給消化率が非常に低いとされていました
 
 日本の良さ、日本らしさを維持していくために、無理をし
息苦しさや、不自由さを生み出してしまっているような
気がしてなりません

 わたしが信奉するアドラー心理学では、
ひとが幸せを感じるのは、自分が誰かの役に立てたと実感する
時に他ならないとしています

 ですが、自分たちが生み出している側面もありますが、この
閉塞感の中で、自分を盛り立てることが精いっぱいで、誰かの
役に立てる余裕が生まれるのか、疑問です

 幸福を実感するためには、自身の開放が大前提なのだと再確認
しました

 わたしは、みなさんの真の解放をサポートします
 ご興味のある方は、ご連絡くださいませ★★★★★