こんにちは、風 薫です

 今日、面白い記事を見つけました


 題して「天才児の育て方


 英国の科学雑誌『ネイチャー』に掲載された記事の日本語版なのですが、いくつか挙げられていた中で、以下のものに関して、ビビッと来ました


天才児を育てる方法として掲載されていましたが、わたしには、「いいオトコになる方法」に見えたからです
(主語はすべて“子ども”ですが、省略してあります)

  • 多種多様な経験をする
    ⇒趣味や話題の広がりなど、豊かな人間形成が期待されますね
  • 知的な好奇心と、こころの欲求の両方をサポートする
    ⇒要するに、バランスなのだと思います
    知的な好奇心だけ満たされても、こころが満足しないといけないということです
    もちろん、その逆もお勧めできないわけです
  • 褒める時は、能力ではなく努力を褒める
    常に自分を高める努力をするような心構えを身に着けさせる

    ⇒これは、本人というより、周囲のひとの対応法ですね
    努力をし、たとえ報われなくても、その努力を称える
    そして本人は、褒められるから行動するのではなく、何かの目標に向かって努力する時の、こころの高揚感や、喜びを、身体で覚えられるといいですね
  • 時にはリスクを冒すことを奨励する
    失敗することを否定せず、失敗から学べるようにする

    ⇒これは、説明不要ですよね
    このことばのままです
    失敗を恐れることなく、自身の境界を広げるための挑戦や、現実的な自身の力量を把握するためにも、リスクには積極的に臨んでほしいと思います

 いかがでしたか?


 上記のひとつひとつが、
自分を客観的に見つめることと、自身のワクを広げること
こんなシンプルなことばに集約されるような気がしませんか?

 そして、こうしたことを知っていると、知らないでは大違いですし、自意識過剰という意味ではなく、ご自分に対して大いなる関心をもっていていただく、
 それが、いいオトコへの道筋だと思います★★★★★