こんにちは、風 薫です。

わたしのHPにも、今日のタイトルと同じ
「どうせオレなんか…」と諦めていませんか?
という、記事があります。

このことばこそが、わたしがTERESAISM-テレサイズムーを立ち上げる根拠になったと申し上げても過言ではありません。

これまでに出会ってきた、多くのダンセイのお客さまが、口にされているのを聞いてきました。

わたしに言わせれば、全然、「どうせ」ではありませんし、まったく、「オレなんか…」でもないのです。

みなさん、なぜか、ご自分の本質≪きらめき≫をご存知ない。

当然、その本質≪きらめき≫を発揮することもできない。

もったいなくて、わたしの方が悔しくなることもしばしばでした。

ジョセイとダンセイの友人関係を検証してもると

ジョセイ同士の友人関係、とくにお互いが「親友」と考えるような関係性の中では、あらゆることが話題となります。

その中には、容姿や性格に関するものも含まれていると思います。少なくとも、わたしはそうです。

時に、友人に向かって
「その服は似合わない」とか、
「前の髪型の方が、わたしは好き」とか、
「そういう言い方は傷つく、そういうとこ
あなたの欠点だよね」などと言うのです。

考えようによっては、それなりに辛辣なダメ出しをするのです。もちろん、相手からもされるのです。

そうした指摘に、カチンときたり、虫の居所が悪い時に言われると腹が立ったりもするのですがが、

でも、根底に「愛」と「友情」があると知っているので、後を引くことはありません。

そして、落ち着けば、わたしのために、言い難いことも言ってくれるのね♡と、感謝の気持ちが沸き上がり、さらに友情は深まっていく…

ジョセイ同士の「親友」との関係は、こうしたある種の“きずな”の上に成り立っていると言えるでしょう。

一方、ダンセイ同士の友情を考えてみましょう。

(あくまで、わたしの知る限りではありますが)

ダンセイ同士の友情は、ジョセイ同士のそれとは少し違うという印象を持っています。

ダンセイ同士の友人関係でのキーワードは「信頼」だと感じています。

お互いに対する信頼関係が、いったん築けると、それは強固なものとなり、ほぼ揺るがないように見受けられます。

これを、恋愛関係にあるジョセイ(かの女)側から見ると、
とにかく、(わたしより)友情を優先する!という愚痴に繋がっていきます。

信頼ありきで関係が築かれ、会話をするので、性格や容姿などは、取るに足らないこととなり、結果、そうした指摘はお互いにすることはないわけです。

「その服イイね、どこで買ったの?」とは聞いても、

「似合わない」とは言わないのが、ダンセイ同士でしょう。

ダンセイの友情に足りないもの

一度築かれれば、簡単には壊れない友情で結ばれているダンセイたち。

それは、それでとても素敵な関係だと思います。

でも、冒頭で申し上げましたように、自分の友人の中に、他のひとが気が付いていない、自分だけが知っている、友人のよさ≪きらめき≫を見ていたとしても、それを友人に指摘することはないでしょう。

流行りの髪型や、服を着ていても似合わないという残念はことになっていたとしても、教えてあげることも、ないでしょう。

そもそも、気が付いていないかもしれません。

ことに、「恋愛」分野においては、こうしたダンセイ同士の“至らない”友情は、マイナスでしかありません。

ジョセイたちは、そんな彼の友人を見て、ひっそりと噂し、時には笑っているに違いないからです。

大人になればなるほど、ひとは防衛本能が強くなり、自分を守るため、安全地帯に身を置いておきたいがために、波風立てることを嫌う傾向があります。

もともと、友人のためを思って有益な指摘をしない関係性に、さらに輪をかけて後ろ向きな状況が立ちふさがるのです。

結果、ダンセイは誰からも有益な指摘 ―建設的な気づきー を得ることなく歳を重ねることになり、それが、さまざまな部分にじわじわと影響を与えていくことで、「どうせオレなんか・・・」という発言に繋がっていくことになってしまうと考えています。

まとめ

とても素敵なあなたの本質≪きらめき≫、特に、ジョセイ受けに直結する、イケてない容姿、大人になったダンセイには、誰も教えてくれません。

恋愛をしようと思ったら、したいと思ったら、見過ごせないところです。

ただ、知らない・気が付いていないだけなので、いくらでもアップデートできるところでもあるのです。

本来のご自分の≪きらめき≫を知り、その活かし方を掴むことで、あなたは変わります。

人生というものは、小さな変化がきっかけとなって転がり始めることで、周囲を巻きこみ、必要なものを引き寄せていくのです。

わたしのお客さまで、TERESAISM―テレサイズムーの「ダンセイ専科 恋愛・婚活塾」を受けたことで、ご本人も知らなかった≪きらめき≫を知りました。

わたしが、その方の≪きらめき≫をお伝えした瞬間、その方は笑顔になり、それからお顔の感じが変わりました。

それまでは、どちらかと言えば、とても真面目そうには見えますが、面白そうでも楽しそうにも思えない顔つきでした。

それが、その瞬間から、顔つき自体が柔らかくなり、笑顔になる回数が増えていきました。

その変化によって、最初にうまれた成果は仕事面ででした。

メーカーの営業職だったのですが、お取引先との関係が深まり、注文が増えたそうです。

ご本人は、
「何となく、自分に自信がついた」からだとおっしゃっていました。

当然、そういう理由でもあると思いましたが、それよりもわたしは、その方のお顔が柔らかくなり、笑顔も素敵で、印象が大きくUpしたことが、よかったのだと思っています。

このお客さまの例などは、とても小さな変化(顔つきが変わる)が、周囲を巻き込み(取引先に好印象を与えた)、大きな結果に繋がったケースと言えます。

本来のご自身を知ることで、明日が変わるのです。

ぜひ、あなたも ダンセイ専科 恋愛・婚活塾 へお越しくださいませ☆