こんにちは、風 薫 です。

今日は、行使する側か、行使される側化でその効果が変わってくる、「サンクコスト効果」について、お話ししたいと思います。

そもそも「サンクコスト効果」って何?

「サンクコスト」を英語表記すると、Sunk cost  と、なり直訳するなら、≪埋没費用≫となります。

埋没費用…埋もれてしまって取り返すのが困難な費用とでも言えるでしょうか…

恋愛の場合ならば、あなたがダンセイで、好きな・気になるジョセイがいたとします。

あなたは、そのジョセイの歓心を得るために、あるいは、好意を得るために、いろいろなことをします。

例えば、プレゼントをしたり、ステキなレストランに連れて行ったり、送り迎えをしたり、と。

お金はもちろんのこと、自分の時間や労力も費やすわけです。

それなりの消費(金銭・時間・労力)をして、相手のジョセイが喜んだり、あなたに好意を抱いてくれれるなら、頑張った甲斐もあるというものですが、必ずしもそうとは、限りません。

むしろ、望ましくない結果を招くことも充分に考えられます。

なぜなら、ひとは、ある対象に費用や時間や労力を費やせば費やすほど、その対象にさらにのめり込んでいってしまう、

そうした面を持っているのです。

これを、「サンクコスト効果」といいます。

恋愛の場合は、相手に尽くせば尽くすほど一生懸命になり、これまで尽くした分を取り戻そうとするかのごとく、気持ちが膨れ上がっていきます。

時には、寝ても覚めても、恋愛のことばかり考えてしまって、アタマがいっぱいになってしまうこともあるかもしれません。

ですが、相手の方も同じように盛り上がってくれればハッピーなのですが、あなたの独りよがり、あるは完全な空回りになってしまうとしたら、むしろ、ジョセイからは敬遠されてしまう可能性が大きくなります。

ちなみに、こうした≪埋没費用≫は、生活のさまざまな面でも見られます。

好きなアイドルの握手会に参加するために、その応募券が入っているCDを何枚も何枚も購入しますが、結局当たりません。

最初に購入した数枚分の費用を無駄にしたくないために、買い続けてしまうのです。

ギャンブルなども、そうかもしれません。

今までに投資した分を取り戻そうとする気持ちが働くでしょう。

このように、「サンクコスト効果」がマイナス方向に向かってしまうと、望ましくない結果に繋がっていくことが多いのですが、特に恋愛においては、この「サンクコスト効果」を利用して、自分に有利に恋愛を引き寄せることができます。

「サンクコスト効果」の利用法

「サンクコスト効果」を逆に利用することを考えます。

さきほど挙げた例では、あなたが≪埋没費用≫を取り戻そうと、のめり込んでゆくお話しをしましたが、この状況を、逆に利用します。

要するに、相手のジョセイに「サンクコスト効果」が働くように仕向けるのです

相手のジョセイが、あなたに尽くした分を取り戻そうと一生懸命になり、あなたから離れられなくなるようにする、のです。

そのためには、相手のジョセイを上手にリードして、あなたのためにお金や時間や牢直を費やしてくれるようにします。

これほど単純ではありませんが、わかりやすく説明するために、例を挙げますと、あなたが、美味しい手料理が食べたいと言ったとします。

普段ほどんど料理をせず、得意でもないジョセイにとっては、大きな努力が必要となります。

レシピを検索し、必要な材料や調理器具も確認します。材料をもちろん、調理器具も手に入れなければならないかもしれません。

もろもろの買い出しに出ます。レシピ通りの材料がそろわなければ、手に入れるための労力と時間を使います。

やっとそろいました。いきなり本番では不安なので、試しに作ってみることにします。

材料を刻むだけでも、長い時間がかかります。レシピに書かれている料理用語がわかりません、

ゆがくってなに?

は?イタズリって?

ものすごい時間と労力とアタマをフル回転させて、やっと作り上げましたが、その出来は…・

ここまでやったとしたら、この“献身”が報われなければ割に合わないと考えて当然です。

そう、このジョセイには「サンクコスト効果」が現れました。

こういうことなのです。

「サンクコスト効果」を最大限に利用するために。

相手のジョセイを誘導して、「サンクコスト効果」を生じさせることで、恋愛を有利にする、ただし、ここで注意点があります。

第一に、やりすぎないことです。

相手を誘導して、尽くしてもらい「サンクコスト効果」によって、あなたへの気持ちを膨らませるのが目的ですが、あまりに多くのお金を遣わせたり、時間や労力を奪うような要求はやめましょう。

「面倒くさいオトコだ」と思われて、終わってしまう可能性があります。

言うほど簡単ではありませんが、相手が喜んで・楽しんで、あなたに尽くしてくれるような“お題”が見つけられるのが望ましいですね。

それは、相手が負担に感じない程度にすることです。

そのためには、あなたもまたジョセイに、お返しをします。

そうすれば、あなたの側に相手を誘導しようという気持ちがあったとしても、ジョセイから見れば、双方向にお互いを想い合っていると映るのです。

そして、くれぐれも、あなたが「サンクコスト効果」に陥らないようにしてくださいね。

まとめ

「サンクコスト」とは、≪埋没費用≫とされるもので、ある対象に向かって、自分がこれまでに費やしたお金や時間や労力のこと。

ひとは、この≪埋没費用≫が多ければ多いほど、その消費を取り戻そうと懸命になるという特徴がある。

恋愛においても同じで、誰か特定の相手に≪埋没費用≫を投入することで、その相手からこれまでの消費を取り戻そうと懸命になるあまり、執着が大きくなる。

こうした感情(心理)を「サンクコスト効果」という。

こうなってしまうと、お互いに同じレベルで相手のことを想っていない限り、いい結果は生まれない。

ただ、この「サンクコスト効果」を上手に利用すれば、ジョセイを夢中にさせることができる。

その場合に注意が必要なのは、ジョセイが楽しんで・喜んでできるような“お題”にすることと、

自分も相手に尽くしてもらった分を、お返しをすることで、ジョセイの目にはお互いに思い合っていると映る。

とても大切なことは、相手が誘導に乗らない、好意を感じない時には、ただちに撤退すること☆