九頭龍神社 本宮

http://hakonejinja.or.jp/02-contents/02-main/08-keigai-jinja/03-contents/03-kuzuryuu/10%20k-tukinami-index.html 

こんにちは、風 薫 です。

プチ夏休みをいただいて、箱根を訪れました。

今回の目的は、ずっと昔に訪れた 九頭龍神社・本宮を再訪することと、

元箱根石仏群 https://www.hakone.or.jp/6319≫を訪れることでした。

⇒こちらの訪問記は、「占い師的旅行記」にて!

九頭龍神社…と聞くと、多くの方が思い浮かべるのが、
箱根神社の隣の併設されている 九頭龍神社・新宮 だと思います。

九頭龍神社 新宮

ですが、実は、芦ノ湖湖畔に本宮があります。

こちらは、もともと湖に棲んでいた毒龍を、萬巻上人が湖中に石壇を築いて祈祷したことで、龍神に化身したものを祀っています。

湖中の鳥居

未確認ですが、この鳥居の場所が石壇だったのかもしれません。

本宮は、湖畔の森の中にあるためか、素敵な“氣”に満ちています。

祀られている九頭龍大神は、
・開運隆盛
・金運守護
・商売繁盛

そして、縁結びのご利益があると言われています。

 

閑話休題―〈縁結び〉と〈縁づくり〉の違い

一般的に、「縁」に関係するご利益のある神社の場合、すべてを〈縁結び〉と称していますが 九頭龍と名のつく神社の場合は、〈縁づくり〉のパワーがあって、〈縁結び〉ではないのです。なぜなら、無い縁は結べないからだです。すでにある縁を強く結びつけるチカラがあるのが〈縁結び〉神社で、代表的なのが出雲大社ですね。ですので、九頭龍神社・本宮のご利益は、〈縁づくり〉なのです。

こうした、ご利益を求めなくても、行くだけで心身ともに浄化されるところです。

九頭龍神社・本宮への生き方ですが、

まずは、「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」に行きます。

有料駐車場横の、小道を入っていくと、

入口看板と本宮に続く参道

画像の看板があり、その先に続く参道があります。

この道自体が芦ノ湖に沿っているのですが、途中からもっと湖ぎわを歩ける道も備えられていて、気持ちがいいです。

10分から15分ほどで、本宮到着です。

九頭龍神社・本宮

本宮から、湖方向を見ると、弁財天、そして湖中の鳥居が見えます。

弁財天の扉の取っ手が、龍の形になっていて珍しいので、必見です。

また、弁財天の鳥居は白く、赤い弁財天と本宮と対比させると、とてもバえますね。

湖畔側から見た 弁財天、鳥居、本宮

最後に…??と思ったこと

本宮、本当に素敵なところでした。

森の鳥の鳴き声、セミの声、湖から吹く風の優しさ、湖畔の水音・・・

本宮を取り巻くすべてが、あの “氣”を醸し出しているのだと感じます。

前回来た時は、「月次祭」という毎月13日に行われる神事の時で、湖から参拝船に乗って行きました。

それはとても素敵な風情だったのですが、現在は休止中とのことです。

そして、わたしの記憶にはなかったのですが、ここ、入場料が600円なのです。

入場券と浄めのお塩

何だか、プリンス(西武)が経営してるのかしら?と疑ってしまいました。

でも、
浄めのお塩 (神社仏閣で見つけると買わずにはいられない・・・)を手に入れて、帰りは、湖畔にあった流木の木陰で涼み、嬉しく帰ることができたし、やっぱり久しぶりに訪れて正解でした!感謝!★★★★★