Zoom占い・シニアのための恋愛セミナー

四柱推命

四柱推命も、わりと耳にする機会の多い占術なのではないかと思います

ざっくり申し上げるなら、西洋占星術の中国版という感じでしょうか?

西洋占星術は、個々の生まれた年月日時に配置されていた天体(星)を見ます

一方、四柱推命は、同じく生まれた年月日時の干支八字を読み解くのです

十二支に関しては、みなさんよくご存じかと思いますが、十干(じゅっかん)は初耳という方も多くおられるかと思います

十干とは、

五行(ごぎょう):木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)

に、それぞれ陰と陽に当たる干を配置しています

木:甲(きのえ)・乙(きのと)/火:丙(ひのえ)・丁(ひのと)/土:戊(つちのえ)・己(つちのと)/金:庚(かのえ)・辛(かのと)/水:壬(みずのえ)・癸(みずのと)なり、年・月・日・時のそれぞれに、十干のうちのひとつ、十二支のうちのひとつが配当され、全部で八字となります

この八字が、そのひとの中国版“持って生まれた星”となるわけです

先に、タロットの項で、タロットは物事の移り変わりや、気持ちの流れを見るのに適しているとしましたが、四柱推命はもっと大きな流れを見るために使います

生まれ持った星を読みとくことで吉凶を見たり、生まれてから亡くなるまでの運命の流れを見ることができます

 具体的に、四柱推命で見るのに適していることは・・・・

 ・人生全般の運勢、年々の運勢や吉凶

 ・仕事運(転職にふさわしい時期判断等)

 ・健康運

 ・結婚、配偶者運

 ・本人の特質、性格等

そのため、

最近付き合い始めた彼の気持ちが知りたい、とか

職場の上司は私のことをとう思っているんだろう、などのお題を見ることはできません

ひとくちに「占い」と言っても、お題によってふさわしい占術があるのです

ちなみに、四柱推命(西洋占星術もですが)は、生時がわからないと正確な判断はできません

多くの日本人は、自分の生まれた時間を知らないため、本来は四柱推命を使って占うことはできないのです

ですが、そうも言っていられないので、生年月日の三柱で見ることになるため、精度は半分になると言われています

占いの国民性

話はそれますが、場所や地域、国によっては、占いが日常的に生活の一部に入り込んでいるところが少なくありません

四柱推命が生まれた中国には、多くの占術があることからわかるように、そうした国のひとつだと言えるでしょう

今ではそのようなことはないと思いますが、捨て子が少なくなかった時代、子どもの服の目立つところに、その子の生年月日時を詩集しておくのだそうです

捨て子を見つけた人は、推命師のところに行って、その子の四柱推命を占ってもらいます

その結果が自分にとって良ければ、その子を拾って育てるのだそうです

“良い”というのは、要するに自分にとって得かどうか、です

さすがというべきか、なるほどど感心するべきか、国民性の違いをひしひしと感じるエピソードですね

最後に

日本には、四柱推命占術の流派が200以上あると言われています

そのため、学んだ流派によって鑑定結果の読み解き方、読み方が異なってきます

「以前見てもらった時は、そんなことは言われなかった」

「今は、天中殺で何をしてもダメなんです・・・」  

わたし自身、このようにお客さまから言われることが少なくありません

わたしの学んだ流派は、「空亡」も「天中殺」も採用しておりませんので、全く違う鑑定結果になるわけです

わたしは、わたしが学んできたことに誇りと自信を持っておりますので、このように「以前」のことや、わたしの採り上げない事柄を振りかざすようなお客さまとは、合いません

四柱推命は、特にそうしたことが起こりやすい占術であることを、どうぞご承知おきくださいませ

お問い合わせはこちらからどうぞ TEL 070-8405-2416

PAGETOP
Copyright © TERESAISM-テレサイズムー All Rights Reserved.